2019.03.19更新

こんにちは!

 

今日は患者様から良く頂く質問についてお答えします。

 

「先生、これって冷やした方が良いの?温めた方が良いの?」

 

 

 

答えから言うと .........   どちらもです!

 

 

その時の状態、症状によって使い分けます

 


 

 

まずについてお話します。

 

温めるというのは

・代謝の促進

・閾値の上昇(鎮痛の軽減)

・筋緊張の緩和(筋肉が柔らかくなる)

 

などといった効果があります

 



 

 

続いてについてお話します。

 

冷やすというのは

・炎症の軽減、修復(発赤、腫脹、疼痛、熱感)

・鎮痛の軽減

・疲労回復

 

などといった効果があります

 

 

 


 

 

まとめ

 

肩こり、腰痛(慢性時)などには、温める! 

※痛みが強い時はダメ!!

 

怪我など炎症があるとき(痛み、腫れ)、疲労回復などには、冷やす

 

 

と、効率よく改善されると思います

 

 

冷やすことによって悪化することはほとんどありません

迷ったら冷やしましょう!!

 

 

 

これからも皆様からのご質問にお答えします!

皆様からのご質問等お待ちしております(b゚v`*)

 

投稿者: はなもも整骨院

PageTop