鍼灸治療

トリガーに鍼を打ち、痛みや障害の根本を改善する。

筋肉の深部まで届く鍼

症状が強かったり、仕事などの事情で速く治したかったりといった患者さんに特にお勧めしています。また、頑固な痛みしびれ、慢性化していて筋肉が動かないなど重症化したときにもお勧めです。人間の筋肉は多層構造になっているので、表面に近いところならば電気治療やマッサージで進めることができますが、奥の筋肉層に原因がある場合は鍼がとても有効です。鍼は深い部分にも刺激を与え、血行をよくすることで筋肉の緊張をときほぐすことができるのです。

「トリガー療法」でピンポイント治療

鍼灸にも西洋のアプローチと東洋のアプローチがあります。当院は、「トリガー療法」といって、西洋の方法を取っています。トリガーとは、引き金を意味し、痛みや障害には引き金となるポイントがあるので、その部分に鍼を打っていこうという考え方です。腕が痛い時に肩がトリガーになっているとわかったら、そこを刺激するということです。


トリガーとなる部位は、体の構造上ある程度決まっています。筋肉が交わる部位、腱の際、骨の際などです。そういった軟部組織を鍼で刺激します。東洋の方法でいう「つぼ」ではありません。東洋の鍼では腕が痛くても足のつぼに打ったりすることもあります。考え方が違うということです。

細くしなやかな鍼で負担を少なく

ペインクリニックを掲げる医院では、痛み止めなどの注射で対応しますが、鍼は注射針よりもしなやかで、女性の髪の毛くらい細いため、注射針が届かないような微細なところまで入れることができます。刺激は強いのですが、身体的な痛みはほとんどありません。また麻酔などの薬剤を用いないので副作用もありません。

初めての方には納得できるまで説明

院長自身、若いころにサッカーで足を痛めていろいろな治療で回復しなかった時に、たまたま紹介された鍼灸院で劇的な回復をして驚いたことがありました。患者さんのご心境は理解できると思っております。初めての方も、納得いただけるまでご説明いたしますので、鍼治療をご体験いただければと思います。使用している鍼は、すべて高品質な日本製ディスポーザブル(使い捨て)なので、安心して治療を受けていただけます。

PageTop