産後の骨盤矯正

骨盤を「ハの字」に戻して、くびれをつくる。

早めの対応が肝心

お産を終えた女性の骨盤は、本来「ハの字」である骨盤が「逆ハの字」になります。赤ちゃんがいるスペースのために広がるのです。お産後に骨盤が締まっている方はよほどの筋肉の持ち主で、ほとんどの方で骨盤が開いています。特別なことではありませんので、気後れすることなく来院して相談いただきたいと思います。当院のていねいな手技と最新の機器を使った療法で理想的な体型に近づけます。
骨盤矯正は2つの目的に分けられ、医療的な意味と美容的な意味の2つの要素を持ちます。

ポッコリお腹や神経痛にも

骨盤が「ハ」になると、女性の“くびれ”となるため、美容面でも重要です。それが妊娠して逆ハの字になると、内臓も下がって下腹部がポッコリすることにつながってします。
医療的には、スムーズに脚に流れていた神経や血管が途中で邪魔されてしまうことになり、神経痛などの痛みや体の不調につながっていきます。
骨盤が開いてそのままの状態が続くと、坐骨神経に負荷がかかり続けて、強い腰痛や冷え症、むくみが起こります。開いた骨盤を自力で締めるのはとても難しいことなので、早い時期に対処することが大切です。

産前からでも無理のない施術

出産前から腰が痛くなって来院される方も多くいらっしゃいます。医院に痛みを訴えてもレントゲンを撮れないなどという理由で行き場がなくなってしまう妊婦さんも多いようです。当院では、妊婦さんの状況をしっかりと確認した上で、危険や負担がないようにベッドに横向きになっての施術をしています。まずはご相談ください。
産後については、リカバリーへの施術は早いに越したことはありません。痛みがあったり、美容面での対応を希望する方は、体調がよければできるだけ早く、可能ならば2週間以内に来ていただきたいと思います。もちろん、それを過ぎても手遅れということはありません。ぜひご相談ください。


「トムソンベッド」でソフト矯正

当院では、マッサージやストレッチに加え、トムソンベッドという特殊な器具を使用しています。これは骨盤矯正だけはなく、子どもさんから高齢者までを対象にしたソフトな矯正装置です。
患者さんの荷重を利用した仕組みで、骨盤を閉めたり体のゆがみを整えたりする治療ができます。体に負担が少ない矯正法なので、妊婦さんや産後に体力の落ちている女性に向いています。「ボキボキ」と音が鳴るような矯正法は衝撃が強いので取り入れていません。




ストレッチや持続圧も

当院ではトムソンベッドのほかにも、マッサージやストレッチ、電気機器を使っての治療をしています。マッサージにより腰回りや股関節回りの筋肉の柔軟性を高め、さらにストレッチで強化します。いずれも急激な力を加えるのではなく、持続圧で締めていきます。あくまでも体に負担が少ないような、より効果的なプログラムを組んでいます。
ご自宅でできるかんたんな骨盤体操も指導します。1日5分ほどで、骨盤矯正だけでなく、抱っこや家事で痛めた肩やひじにも効果的です。



女性に優しい院を目指して

当院では、産後を中心とした女性の皆さんへの配慮に一層の努力をしています。
待合室には更衣室があります。お勤めやお出かけのあとでスカートなどを着用されている場合は、更衣室に常備してあるカジュアルな服装に自由に着替えていただきます。病院の検査時のような患者着ではありませんのでリラックスいただけます。
また、治療中に子どもさんが遊べるキッズスペースや専用のベビーベッドもあります。お子さん連れでも気楽に来院していただける環境です。

PageTop