交通事故治療

体はもちろん心のケア、そして手続きのフォローまで。

個別の対応に尽力

歩行中はもちろん、自転車に乗っている時、自動車を運転中と、様々な局面で交通事故は起こりえます。そこに巻き込まれてしまった身体への負担は一律に捉えられないのが当然です。当院では、患者さんの心のケア、保険手続きの面も含めたトータルな対応を行っています。

交通事故に遭ったらまず警察に

事故に遭ったら、まず警察に連絡しましょう。警察に調べてもらい、どちらにどれだけの過失があったかを判断してもらうことが大切です。事故には様々な形態がありますが、損害保険などご自身で加入されており、保険適用範囲であれば、保険会社への連絡も迅速にする事も大事になります。そして、なによりもご自身のお体が大切なので、早急に医療・診療機関へのアプローチをしてください。

「はなもも」は“淡白な治療”をしません

交通事故に遭った場合、多くの方は病院に行きます。そこではまずレントゲン検査をします。そして外見や検査で異常なしと診断されると、「全治2週間。そのうち治る」などと告げられます。鎮痛薬と湿布薬を処方されて終わりというのが一般的ではないでしょうか。
交通事故の体への影響は、とても微妙なものです。病院での治療がいったん終わっても、ご自身に違和感があれば、他の医療機関を訪れることはいまや常識となっています。
当院では、少しでも事故以前との異変を感じられたら、まずはご連絡いただきたいと思っています。
事故直後に痛みがなくても、それはぶつけられた時には心身ともに興奮してアドレナリンが出て痛みをブロックしていることが関係します。当院では、関節の可動域や筋肉の張り、自律神経の異常などを見て、客観的に痛みを分析して治療します。

面倒な保険交渉でもお力に

交通事故に遭った方は治療自体がたいへんなのですが、損害保険会社との交渉という難問が待っています。知識がなければ、保険会社の主張通りにハンコをつくことになってしまいます。
後遺症を含めて交渉の仕方がとても重要です。自賠責保険とはどのようなものか、保険会社から電話が来たらどう対応するのか、などという面から相談に応じます。相手との示談交渉も含め、通院回数や後遺症の診断など複雑な要素があります。
当院では、コンサルテーション的なサポートもしています。実際に保険会社と交渉することもあります。忙しい方々に対しても午後20時まで受け付けていますので、ぜひご相談いただきたいと思います。

交通事故専門サイトはこちら

PageTop